オートルックツクバガレージ


メールフォームが出ます  トップページに戻ります

ATGの紹介
ATG最新情報
貸しガレージ
レースマシンメンテナンス
ドライビング指導
レンタルマシン
我々の目指すところ

チャンピオンドライバー
スタッフ紹介
リンク








手づくりマシンで、なみいるメーカーチームに
闘いを挑む一人の男。18歳で社長になった男。

そこには幾多の困難が待ち受けていた。
だが、「やって出来ないことはない!」と、
果敢にレースに、そして人生に挑戦する感動の物語である。

本文目次はこちらへ

目次に戻ります 目次に戻ります



No59
2002年04月17日掲載 前号に戻る
第6章 モーターパラダイス
  
ぼくの夢・モーターパラダイス


ぼくの夢は、さらにふくらんでいる。
今一番やりたいもの----- 
それは筑波サーキットに”モーターパラダイス”をつくることだ。

ぼくはもう走れない。
羽をむしられた鳥でしかないのだが、それにはそれなりの夢がある。

宿泊設備があり、ガレージがあり、
コーヒーショップがあり、整備工場がある。
サーキットで練習を終えたドライバーたちが、その疲れをここで休める。
儲けなどは商売が成り立つ程度でいい。やすく提供する。

これにより、ドライバーたちは、安心してレースに専念できる。
また、プロでなくても車の好きな者なら誰でも、
安心して筑波へやってこれる。

これは、ぼくが現役の頃、サーキットにくるたびに
「そんな設備があったらなあ」と常におもっていたもので、
その頃ぼく自身が欲しかったものだ。

幸い、サーキットに近いため、ドライバーたちは、
彼らの車をガレージから引き出して、すぐサーキットに入れる。

走って帰ってくるときも楽だ。
帰ってきたらすぐに車を磨くことができる。
整備することができる。
そして、コーヒーショップで、車のこと、レースのこと、
世間のさまざまなことなどを雑談できるのだ。

ぼくがこれを始めたのは3年ほど前だった。
まだ充分とはいえないが、事業は着々と夢に向かって進行中だ。

台湾のことで頭のなかが一杯で、前に書くことを忘れたが、
このぼくの夢に精神面、資金面で大きく力を貸してくださったのは、
オートルックだった。

同社の賛助がなかったならば、
おそらくぼくの闘志も志半ばにして挫折したに違いない。

現在は工場の設備もほぼ思ったように整い、ガレージの数も増えて、
若いレーサーたちのたまり場にもなってきた。

一応、宿泊設備も備えてある。
商売人になるつもりはないが、飛べなくなったいまとなっては、
後進の指導に邁進しながら自分の夢をさらに大きく広げていきたい。

この筑波の空気みたいな存在になって、
みんなに喜んでもらえれば、
ぼくの体内のエンジンもまた、再燃すると思うのだが・・・・・・。

次回に続く。次号へ


目次に戻ります 目次に戻ります

A・T・G(株式会社オートルック ツクバ ガレージ)
〒304-0824 茨城県下妻市村岡166-69 tel 0296-43-6324 fax 0296-43-6325

A・T・G(株式会社オートルックツクバガレージ